Skip to content

毛根をの内部を理解する!毛乳頭細胞と毛母細胞

毛根をの内部ってきちんと理解していますか?毛乳頭細胞と毛母細胞です。毛は表面から上の部位を毛幹、表皮より下の部分を毛根と言います。今回は毛乳頭細胞と毛母細胞について詳しく紹介します。

毛の構造についてですが、毛は表皮かた上の部分を毛幹といい、表皮より下の部分を毛根と言います。毛根部の一番したのふくらんだ部分は毛球と言います。この先端部にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込んで、毛を成長させています。毛乳頭の毛母部分が毛髪の発生や成長を、司っているので、毛母細胞がある限りは、いくら抜いても毛は次々と生えてきます。

ムダ毛が生える部分や密度、毛の太さや長さには個人差があり、生えてくる毛の数は胎内にいるときに決まってしまうので、生まれた後で増える事はありません。しかし、男性ホルモンの影響により毛が濃くなってしまう場合があります。

男性ホルモンは毛乳頭を刺激して、毛母細胞の分裂を促進させてムダ毛の成長スピードと速めてしまいます。女性ホルモンの働きが衰える更年期に、体毛が濃くなるのもそれが理由となっています。

毛乳頭の働きですが、髪の毛の付け根部分に位置して、毛細血管と毛母細胞に挟まれて発毛、育毛の使命塔の役割を果たしています。毛乳頭は、毛細血管の中を通って流れてきた血液中の酸素やビタミン、水分などの栄養素などを受け取り、髪の製造期間である毛母細胞に対して発毛指令や場合よっては、脱毛指令を送っています。

発毛や脱毛に重要な役割を果たしています。ヘアサイクルの成長期段階においては、毛乳頭は毛細血管の血液から栄養や酸素を受け取り、毛乳頭内にあるエフリンとBMPというタンパク質から毛母細胞に対して発毛指令を出しています。眉毛育毛剤ならDHCアイブロートニック

毛母細胞の働きですが、毛乳頭を取り囲むように位置していて、毛乳頭から受け取った指令をもとに、発毛を促進したり、時には脱毛を促進する機関となっています。髪の毛の生産時は、毛母細胞の細胞分裂が活発になり、分裂した細胞は頭皮の上へ上へと押し上げられて行くのです。

分裂した毛母細胞の一部分は毛乳頭付近に残って、他の分裂細胞は徐々に角質化し毛髪を形成していきます。髪の毛は角質化した毛母細胞の集まりそのものなのです。毛乳頭から脱毛指令を受け取ると毛母細胞は髪の毛の製造運動を止めて休止状態に入ります。

休止状態で死滅しているわけではないにので、休止している原因をり除くことにより、髪の毛の製造活動を再開する事が出来ます。毛母細胞は、髪の毛の着色にも関与していて、角化する段階で毛母細胞の周辺に存在するメラノサイトという機関からメラニン色素を受け取って、髪の毛の色を付けます。この機能が劣ると白髪のリスクが高くなってしまうのです。

髪の毛の悩みは今の時代は、多くの方が抱えていますが、その中で詳しく知ることにより、改善にプラスになっていくと思います。分からないままの状態では、逆に状態を悪化させてしまう場合もありますので、守っていく為には、きちんと理解しておくと良いと思います。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*